ほけんの窓口と保険見直し本舗を徹底比較!申込ならどっち?

ほけんの窓口と保険見直し本舗の違いって??

 

保険ショップといえば、「ほけんの窓口」と「保険見直し本舗」。

 

どちらもCMが素敵ですよね。

 

気になるのは、

 

同じ保険ショップだけど、相談するならどっちがいいのかしら??

 

ということだと思います。

 

そこで、この2つの保険ショップを徹底比較してみました。

 

では、相違点から見てみましょう。

 

ほけんの窓口と保険見直し本舗の相違点

この2つの保険ショップで異なるのは以下の3点です。

 

  • 店舗数
  • 取扱保険会社
  • 法人向けサービスがあるか?

 

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

店舗数

 

店舗数は以下のような違いがあります。

 

  • ほけんの窓口:525店舗
  • 保険見直し本舗:203店舗

 

※ほけんの窓口公式ページより 2015年8月8日時点
※保険見直し本舗公式ページより 2015年8月22日時点

 

店舗数は2.5倍程度違うんですね。

 

保険見直し本舗について、私の住んでいるエリア(田舎です(汗))を検索したところ・・・

 

車で2時間程度のところが見つかりました。

 

ほけんの窓口ですと、車で10分ほどのところに保険ショップはありました。

 

都心に住まれている方でも、予約しやすいしにくいがあるでしょうから、店舗数はやはり重要なファクターになりそうです。

 

取扱保険会社

 

保険相談をされる方は基本的に生命保険を探されていると思います。

 

取扱生命保険会社の数を単純に比較しますと、

 

  • ほけんの窓口:25社
  • 保険見直し本舗:24社

 

あまり差がないですね。

 

とはいえ、ほけんの窓口では取り扱っていて保険見直し本舗では取り扱っていない生命保険会社があります。

 

また、その逆もあります。

 

それぞれご紹介しますと、

 

ほけんの窓口でしか取り扱っていない生命保険会社
  • T&Dフィナンシャル生命保険株式会社
  • アクサダイレクト生命保険株式会社
  • アリアンツ生命保険株式会社
  • SBI生命保険株式会社
  • ライフネット生命保険株式会社

 

保険見直し本舗でしか取り扱っていない生命保険会社
  • 太陽生命保険株式会社
  • 富国生命保険相互会社
  • ネオファースト生命保険株式会社(第一生命)
  • フコクしんらい生命保険株式会社(富国生命)

 

まとめと共通で扱える生命保険会社の紹介

ほけんの窓口でしか取り扱っていない生命保険会社で有名どころは、

 

  • アクサダイレクト
  • SBI
  • ライフネット

 

すでにこれらの生命保険に加入したいと思っているのでしたら、ほけんの窓口がオススメです。

 

逆に保険見直し本舗でしか扱っていない生命保険会社の有名どころは、

 

  • フコク生命

 

学資保険が最近すごく有名ですよね。

 

フコク生命に加入を検討されている方は、保険見直し本舗が良いかもしれませんね。

 

共通で取り扱える生命保険会社もご紹介しておきます。

 

  • 朝日生命保険相互会社
  • 住友生命保険相互会社
  • 日本生命保険相互会社
  • 三井生命保険株式会社
  • 明治安田生命保険相互会社
  • メディケア生命保険株式会社(住友生命)
  • アクサ生命保険株式会社
  • アメリカンファミリー生命保険会社
  • エヌエヌ生命保険株式会社
  • ジブラルタ生命保険株式会社
  • チューリッヒ・ライフ・インシュアランス・カンパニー・リミテッド
  • マスミューチュアル生命保険株式会社
  • マニュライフ生命保険株式会社
  • メットライフ生命保険株式会社
  • オリックス生命保険株式会社
  • ソニー生命保険株式会社
  • AIG富士生命保険株式会社
  • 損保ジャパン日本興亜ひまわり生命保険株式会社
  • 東京海上日動あんしん生命保険株式会社
  • 三井住友海上あいおい生命保険株式会社

 

ちなみに、2015年5月時点で国内で営業している生命保険会社は42社です。

 

詳細を知りたい方は、以下のURLをご参照ください。

 

マネモ保険マンモスの無料相談って何社の商品を扱えるの?

 

法人向けサービスがあるか?

 

保険見直し本舗では法人の経営者向けの保険相談も取り扱っています。

 

経営者の方で、節税や経営者向けの保険を探されている方は保険見直し本舗の方が向いていると言えます。

 

相違点まとめ

 

ほけんの窓口と保険見直し本舗の相違点を見てきました。

 

ポイントとしては、

 

  • 交通の面や混雑面など利便性を求めるなら、ほけんの窓口
  • 取扱生命保険会社については、ご自身の好みに合わせて
  • 経営者の方には保険見直し本舗

 

となります。

 

「とりあえず両方の予約状況を確認してから考えたい」、という場合でしたら、まとめて検索できるサービスが便利です。

 

よろしければご利用ください。

 

マネモ

 

 

では、次に共通点を見ていきましょう。

ほけんの窓口と保険見直し本舗の共通点

相違点を見て来たところで、共通点も見てみましょう。

 

「保険ショップである」「保険の無料相談ができる」、というのは当然として、それ以外の共通点を見てみましょう。

 

ポイントは以下の6点です。

 

  • 自宅での相談もできる
  • 自前のコールセンターがある
  • FP以外との面談になることがある
  • 相談時間は平均2時間、回数は2〜3回程度
  • アフターケアあり
  • 勧誘はナシ

 

では、それぞれについて見ていきましょう。

 

自宅での相談もできる

保険ショップでの相談だけでなく、自宅に訪問してもらっての無料相談も可能です。

 

キッズスペースやマタニティスペースがある保険ショップが多いとはいえ、できれば外出したくない、という方もおられるでしょう。

 

そういった方のために、訪問型のサービスも提供しています。

 

自前のコールセンターがある

自前のコールセンターがあることにより、保険に関する簡単な質問への受け答えや、店舗の予約状況、問題点の対処など速やかに社内で共有することができます。

 

コールセンターを外注してしまうと、どうしてもタイムラグが発生したり意思疎通が難しくなることがあるのですが、自前でコールセンターを持っていればそんな心配もないですよね。

 

FP以外との面談になることがある

これはどちらかというとデメリットですね。

 

保険を売るには資格が必要でして、無料相談に対応される職員はみんな資格を持っています。

 

しかし、いわゆる家計全般のプロ、と言われるFP(ファイナンシャルプランナー)の資格を持っているわけではないんですね。

 

また、FPもピンキリでして、ざっくりとFPは民間資格と国家資格とに分かれます。

 

国家資格は、

 

  • 1級FP技能資格
  • 2級FP技能資格
  • 3級FP技能資格

 

民間資格は、

 

  • AFP
  • CFP

 

あとはちょっと特殊な資格にMDRTっていうモノもあります。

 

詳しい内容を知りたい方は、以下のURLをご参照ください。

 

マネモFP(ファイナンシャルプランナー)を利用するメリットって?そもそもFPって??

 

ざっくりというと、

 

  • 英検3級の方
  • TOEIC800点の方

 

が混ざっているようなイメージです。

 

どちらが流暢に英語を話せるかは明白だと思います。

 

とはいえ、FP資格を持っていないとダメというわけではありません。

 

FP資格を持っていても、執筆活動に専念している方では、理論上の話ししかできないと思いますし。

 

ご自身が望まれている保険を手にすることができるのであれば、担当者の資格にこだわる必要はないかと思います。

 

 

相談時間は平均2時間、回数は2〜3回程度

保険見直し本舗には相談時間や相談回数が明記されていませんでしたが、保険の無料相談ですと、だいたいこんな感じかと思います。

 

最初に現在の保障内容の確認とライフプランニング。

 

2回目以降に担当者が用意しておいた保険の提案。そして比較検討、という形になるかと思います。

 

アフターケアあり

保険の無料相談を行うと、アフターケアは基本的についてきます。

 

保険金の請求や、住所変更、保険の加入・解約手続きなどを代わりに行ってくれるサービスですね。

 

複数の保険会社に加入すると、手続きは本当に煩雑です。

 

そのため、代わりにそういった雑務をやってくれるのはありがたいサービスだと思います。

 

勧誘はナシ

「この商品がオススメですよ!」ですとか

 

「○日前にお話しした商品について検討してもらえましたか??」などなど。

 

いわゆる強引な勧誘や、しつこい電話勧誘などですね。

 

こういったことを、ほけんの窓口・保険見直し本舗ともに禁止しています。

 

そのため、安心して相談ができるわけですね。

結局のところほけんの窓口と保険見直し本舗どちらがオススメなの?

結論から言いますと、両方オススメです(笑)。

 

といいますのも、先ほどお話したようにどちらの保険ショップでも担当になる方はピンキリです。

 

そのため、若干、運の要素がからんでくるんですね。

 

少しでも良い担当者に巡り合えるようにするためには、予約が必須だと思います。

 

飛び込みで入ってしまうと、どうしてもそのとき手が空いている人が担当になる可能性が高いですから。

 

美容室なんかでもそうではないですか?

 

飛び込みで入ってしまうと、なんだか新人っぽい人に髪の毛を切られてしまって、ちょっとがっかり、なんていう経験ありませんか?

 

私はあります(笑)。

 

なので、なるべく予約してから保険ショップを訪れることをオススメします。

 

で、どっちの保険ショップが良いの?ということなのですが、

 

「両方回っちゃいましょう」

 

1人からしか相談を受けないと、本当にそれが正しいのかわからないと思います。

 

ひょっとしたら1回目の無料相談で大当たりな担当者と出会い、心から納得のいく保険を手にすることができるかもしれません。

 

それはすごくラッキーだと思います。

 

でも、少しでも心にひっかかるものがあるようでしたら、何件か回ってみるのが良いと思います。

 

そうすることで比較ができますし、当たりを引ける可能性も高くなると思います。

 

強引な勧誘はありませんから、思い切っていろいろな保険ショップを回ってみるのも良いかと思います。

 

保険は大きな買い物ですから、それくらいやってみても全然良いと思うんですね。

 

まずはお近くの保険ショップを探すところから始めてみてはいかがでしょう?

 

マネモ

補足

保険ショップだけでなく、訪問型の保険サービスもあります。

 

こちらは担当者が全てFPであり、実務経験平均5年以上のベテランですから、安心して相談できるサービスです。

 

まずは口コミから参照されてみてはいかがでしょうか?

 

マネモ保険マンモス 評判